ヘルスケア

犬に人間用の牛乳を飲ませても大丈夫?アレルギーをチェックする方法やおすすめミルクも紹介!

わんこ母ちゃんです。こんにちは!

犬は基本的に牛乳などミルク味を好む子が多いですが、人間用の牛乳を飲ませてあげても大丈夫なのでしょうか?

犬に牛乳をあげていいかどうかは賛否がわかれますが、牛乳は犬が下痢をする危険があるので、あげないほうが良いという意見が多いようです。

たしかに人間用の牛乳を飲むと下痢をする子はいますが、飲んでも大丈夫な子もいるんですよね。

同じ犬でありながら、なぜ下痢をする子としない子がいるのでしょうか?

じつは、犬が牛乳を飲んで下痢をする理由は2つあります。ひとつは乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)で、もうひとつは牛乳アレルギーです。

今回の記事では、犬に牛乳を飲ませても大丈夫なのかどうか、また乳糖不耐症や、牛乳アレルギーの有無をチェックする方法を解説します。

犬におすすめのミルクもご紹介しますね!

犬に人間用の牛乳を飲ませても大丈夫?

牛乳は、人でも飲める人と飲むとお腹を壊す人に分かれますが、飼い主さんのあなたはどうですか?

ブログの管理人のわんこ母ちゃんは牛乳はNGで、飲むとお腹を壊します。

犬も人とおなじで牛乳を飲んでも平気な子もいれば、お腹を壊してしまう子もいます。子犬の頃は飲めていても、成犬になったら飲めなくなる可能性もあります。

要は、牛乳の成分を、お腹で処理できるかどうかで飲めるか飲めないかが決まるのです。

飲めない子は牛乳の成分を消化できないのでお腹を壊します。飲めない子の症状を乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)と呼びます。

乳糖不耐症とは?

牛乳にはラクトースと呼ばれる乳糖が含まれていますが、乳糖は小腸から分泌される消化酵素のラクターゼによって消化吸収されます。

牛乳を飲むと下痢をする子は、消化酵素のラクターゼが分泌できていません。もしくは分泌できても量が少ないかのどちらかです。

乳糖不耐症について調べてみると、長野県医師会のホームページにわかりやすい説明文がありました。

「乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)」は、牛乳の中に含まれる「乳糖(ラクトース)」を消化吸収のため分解するラクターゼという消化酵素の、小腸での分泌不足が原因で起こります。消化不良・腹部不快・腹痛・下痢・おならなどの症状がでます。

https://www.nagano.med.or.jp/general/project/topics/detail.php?id=355

乳糖不耐症はラクターゼの分泌が少なすぎることで起こりますが、子犬の頃は、どの子もラクターゼを分泌できます。

ミルクを飲んで育つ子犬にとって、乳糖は大切な栄養源ですから消化吸収できる体になっているのです。

離乳食がはじまり、固形物を食べられるようになってくると、食べ物から栄養素を摂れるので成犬になるにつれてラクターゼの分泌量は減少します。

成犬になって牛乳を飲むと下痢をするようになる子は、ラクターゼの分泌量が減少し、乳糖の消化が追いつかないのが原因です。

成犬になっても牛乳を飲める子もいますが、これはラクターゼの分泌量に個体差があるからです。

子犬から成犬になるまでに牛乳を飲む機会がある子は、成犬になっても乳糖を分解できるだけのラクターゼを分泌できるのでしょう。

近年の研究によれば、小腸で乳糖が分解されなくても、大腸に棲む乳酸菌やビフィズス菌などのより良い腸内細菌が多い子は、乳糖が分解されるともいわれています。

つまり腸内環境が良好であれば、小腸で乳糖が分解されなくても大腸の腸内細菌によって処理できることになります。

下痢をしなければ、犬は牛乳を飲んでも大丈夫?

人間用の牛乳を飲んでもお腹を壊さないからといって、がぶがぶ飲ませてしまうのは考えものです。人間用の牛乳は脂肪分も多いですしカロリーもあるので、飲みすぎると肥満になることもあります。

また、脂肪分が多い食物は、消化の際、胃腸や肝臓に負担がかかるので飲ませる量は加減しましょう。

牛乳アレルギーをチェックする方法

牛乳でお腹を壊す原因のひとつに牛乳アレルギーがあります。

アレルギーとは、原因となる食べ物を摂取したときに起こる反応のことですが、牛乳の場合はカゼインやβラクトグロブリンなどのタンパク質がアレルギーの原因物質になります。

アレルギー反応を起こすと下痢やじんましん、腹痛、血便などの症状が起こります。稀ではありますがアナフィラキシーショックを起こす子もいるのでご注意ください。

牛乳アレルギーのチェック

愛犬が牛乳アレルギーかどうかをチェックする方法として、すでに乳糖を分解処理を施した牛乳を使う方法があります。

乳糖不耐症の犬は、牛乳を飲むとお腹を壊してしまいますが、乳糖を分解処理したペット用の牛乳であれば、飲んでもお腹を壊すことはありません。

たとえば下記の「わんちゃんにもやさしいみるく」のような牛乳なら安心です。

原因の乳糖が無いので飲んでもお腹を壊すことはありませんが、牛乳に対するアレルギーをもっている子は、お腹を壊すなどアレルギー症状が出ることがあります。

牛乳に対するアレルギーを持っている子は、乳糖を分解した牛乳であっても、原因物質であるカゼインやβラクトグロブリンなどのタンパク質は残っているのでアレルギー症状が出てしまうのです。

もし、ペット向けの乳糖を分解した牛乳を飲んでも下痢などの症状が出る場合は、牛乳アレルギーである可能性があるので動物病院で相談してみることをおすすめします。

犬におすすめのミルク

わんこが人間用の牛乳が好きで、飲んでもお腹を壊さないようなら、おやつや水分補給に飲む程度なら飲ませてあげても大丈夫です。

じつはウチのコは牛乳が好きで飲んでも下痢することもないので、時々そのまま飲ませてあげたり、フードにかけてあげたりしています。

牛乳はタンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなどをバランスよく含んでいます。犬に必要なカルシウムもたっぷりなので栄養補給になります。

パックの牛乳なら、すぐに飲ませてあげられるので便利ですよ!

ペット用牛乳(液体)

乳糖不耐症の子でも、乳糖を分解処理済みのペット用の牛乳なら安心して飲めます。

こちらのペット用牛乳は、九州の牧場で搾乳した生乳を九州の工場でペット専用に加工していますが、生乳そのままの風味で喜びます。

 

シニア犬用のペット牛乳もあります。九州産生乳を使用し、シニア犬のためコンドロイチンやグルコサミンが配合されています。

食欲が落ちたシニア犬でも牛乳なら好んで飲むという子もいます。水分補給にもなるのでおすすめです。

パックのミルクは直射日光や高温多湿の場所を避けて保存します。開封後は冷蔵庫へ入れて賞味期限に関わらず早めに飲ませてあげてくださいね!

ペット用牛乳(液体)

液体より長持ちする粉ミルクもあります。乳糖調整済みのお腹にやさしいミルクです。ヌクレオチド・ビフィズス菌・カルニチン・グルコサミン・コンドロイチン配合。

 

ヤギミルク

ヤギミルクには牛乳にはない特徴があり、犬が安心して飲めるミルクとして多くの飼い主さんから人気があります。

日本では人間用のヤギミルクの製品よりも、犬猫用のヤギミルクのほうが種類も数も多いくらいです。

では、ヤギミルクにはどのような特徴があり、どのような点で犬に良いのか確認してみましょう。

ヤギミルクの特徴
  1. 牛乳アレルギーの元となるタンパク質のひとつ、カゼインが含まれていない。カゼインにアレルギー反応を起こす子でも飲めます(βラクトグロブリンなどのタンパク質は残っています)。
  2. 牛乳の20倍も多くのタウリンが含まれている。
  3. 脂肪球が牛乳に比べ1/6の大きさしかなく、胃腸や肝臓に負担をかけずに消化・吸収が可能。
  4. 消化が早く、短時間でエネルギーになる中鎖脂肪酸や、鉄分の吸収率をアップするアラキドン酸を多く含む。

ヤギミルクは栄養価が高いうえ消化吸収しやすいので、栄養補給補助食品のような存在です。元気なわんこにはもちろん、食欲がない子、量を食べられない老犬の効率的な栄養補給におすすめです。

まとめ

◎犬に人間用の牛乳を飲ませても大丈夫?

犬は乳を飲んでも平気な子もいれば、下痢をする子もいます。子犬の頃は牛乳を飲んでいたけど、成犬になったら牛乳がダメになったという話もありますね。

要は、牛乳をお腹で処理できるかどうかで決まるのです。

◎乳糖不耐症とは?

消化酵素のラクターゼの分泌が少なく、牛乳を飲んでお腹を壊す症状を乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)と呼びます。

◎牛乳アレルギーをチェックする方法

愛犬が牛乳アレルギーかどうかをチェックする方法として、すでに乳糖を分解処理を施した牛乳を使う方法があります。

乳糖不耐症の犬は乳糖を分解処理したペット用の牛乳であればお腹を壊すことはありません。たとえば下記のようなミルクなら大丈夫です。

【200円引クーポン配布】【国産】 ペットフレンド わんちゃんにもやさしいみるく 200ml(1個)

牛乳に対するアレルギーを持っている子は、乳糖を分解した牛乳であっても、原因物質であるカゼインやβラクトグロブリンなどのタンパク質は残っているのでアレルギー症状が出てしまいます。

乳糖を分解処理したペット用の牛乳を飲んでも何かしらの症状が出る場合は牛乳アレルギーを疑ったほうが良いでしょう。

◎犬におすすめのミルク

乳糖不耐症の子でも、乳糖を分解処理済みのペット用の牛乳なら安心して飲ませてあげられます。

わんちゃんの国産 牛乳(200ml)ドギーマン 〔生乳 ミルク 愛犬用〕 【49195217】 ドッグフード/ミルク/ミルク(液体) ペット用牛乳 国産

シニア犬用のペット牛乳もあります。九州産生乳を使用し、シニア犬のためコンドロイチンやグルコサミンが配合されています。

ドギーマン わんちゃんの国産牛乳 7歳からのシニア用 200ml 【牛乳・ミルク(液体)/ドッグフード/ペットフード】【犬用品/ペット・ペットグッズ/ペット用品】【DoggyMan】

ヤギミルクは栄養価が高いうえ消化吸収しやすいので、栄養補給補助食品のような存在です。元気なわんこにはもちろん、食欲がない子、量を食べられない老犬の効率的な栄養補給におすすめです。

ヤギミルク 【無添加/空輸!】粉ミルク ミルキー版200g ナチュラルプラス製(納期1〜2営業日)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です