フードの評価とレビュー

ピッコロドッグフードで下痢になるって本当?原材料や成分・口コミなどを調査

わんこ母ちゃんです。こんにちは!

ピッコロはペット先進国のイギリスで作られたシニア犬向けのドッグフードです。

なんとこのドッグフードは2017年、Queen’s Awards for Enterprise(クイーンズ・アワーズ・エンタープライズ)を受賞しています。

イギリスではこの賞は、最高水準の品質を達成した証なのだといいます。
ヘルシードッグフード『ピッコロ』

そんな名誉ある賞に輝いたピッコロではありますが、じつは「ピッコロ ドッグフード」とGoogleで検索すると、なんとも不名誉なワードが一緒に表示されます。

そのワードとは下痢。

イギリスで最高水準の品質を達成したドックフードなのに、食べると下痢をするとでもいうのでしょうか!?

「じつは良くない原材料や成分などが入っているの?」と心配になりますよね。

そこでピッコロと下痢について調べてみたんです。

「ピッコロ ドッグフード」と下痢の関係について細かく調べてみたのですが、なんと実際はただの噂でしかありませんでした!

今回は「ピッコロ ドッグフード」と検索すると下痢という言葉が出てくる理由や、ピッコロの原材料や成分、口コミ情報を調べてみました!

ぜひチェックしてみてくださいね!

ピッコロを食べると下痢になる?

「ピッコロ ドッグフード」と検索すると下痢という言葉が出てきますが、それは、下の写真の写真を見てみて頂ければわかります。

黄色いラインのところに下痢とありますね。

下痢って・・・。

ピッコロについてネット情報を調べてみると、「ピッコロで下痢をするらしい」といった話題は出てきますが、実際に下痢をしたという情報は見当たりません。

どうやら下痢をするという噂だけが、広まってしまったようですね。

インターネットはもちろんSNSには強い拡散力があります。

悪い噂ほど短時間で拡散されますから、ピッコロで下痢をするというあやふやな情報が口コミで広がってしまったのかもしれませんね。

もうひとつ考えられる理由にピッコロを食べる犬がシニア犬ということがあります。

犬は高齢になるにつれて消化機能が衰えてきます。

成犬に比べるとフードの切り替え時に、お腹の調子を崩すことが多くても不思議ではないですよね。

ピッコロはシニア犬用のドッグフードではありますが、はじめて食べる不慣れなフードであることに変わりありません。

シニア犬こそフードの切り替えは慎重にしたいものですが、大丈夫だろうと安易に考えて、いきなりピッコロを多く食べさせたばかりに下痢をさせてしまった・・というケースもあると思います。

シニア犬のフードの切り替えは、成犬の頃よりも時間をかけて慎重にしてあげてくださいね!

次に原材料や成分、安全性についてチェックしていきましょう。

ピッコロの原材料

ピッコロのたんぱく源の原材料はチキンとサーモン。なんとピッコロの70%は、チキンとサーモンなんですよ!

残りの30%にはそのほか厳選された野菜やハーブ、りんごや海藻など、シニア犬の健康づくりに役立つ素材が使われています。

食材は全て100%ナチュラル素材!

ピッコロは最高品質の食材のみを使用しています。メインとなっている食材について詳しく見てみましょう!

チキン

チキンは消化がよく、必須アミノ酸がバランスよく含まれているシニア犬に適した食材です。

ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンKなど、ビタミン類も豊富に含まれています。

肌や関節に良いコラーゲン、肝臓の機能を高めるメチオニン、疲労回復に役立つイミダペプチドなどがシニア犬の健康維持や足腰のサポートに役立ちます。

サーモン

「スーパーアンチエイジングフード」と呼ばれることもある健康や美容にとても良い食品です。

ビタミンB群ビタミンDがエネルギーの生産やカルシウムの吸収に役立ちます。

サーモンに含まれる豊富なEPAとDHAが中性脂肪を低下させ、血液の循環をスムーズにしシニア犬の健康を保ちます。

サーモンは元々は白身の魚ですが、エビやオキアミを食べることで赤くなります。

サーモンの赤い身は「海のカロテノイド」とも呼ばれる天然の色素アスタキサンチンです。強い抗酸化作用によって体内の活性酸素を除去します。

アスタキサンチンは目のピント調節機能をサポートする働きもあるので、視力が衰えはじめるシニア犬には積極的に摂らせてあげたいですね!

りんご

水溶性食物繊維のペクチンが腸内環境を整え、老廃物の排泄を促します。カリウムビタミンCも豊富です。りんご酸などを含みます。

りんごには、抗酸化作用の高いポリフェノール「プロシアニジン」が含まれています。からだを酸化させる活性酸素を除去するので、アンチエイジング効果も期待できます。

「1日1個のりんごは医者いらず」といわれるように、りんごは健康効果の高い果物。わんこの体にも優しく作用します。

さつまいも

ビタミンCやカリウムを多く含む整腸効果の高い野菜。糖分は多めですが、食物繊維もたっぷり。皮ごと食べることで血糖値の上昇を防ぎます。

甘みがあるので好むコも多いので、おやつとしてもおすすめです。

マリーゴールド

マリーゴールドは古代のエジプトでは若返りの薬としても利用されていたハーブです。

抗炎症作用によって胃の粘膜を保護します。胃潰瘍の予防にも良いそうですよ。マリーゴールドに含まれるルテインは、目のピント調節機能をサポートしてくれます。

原材料一覧

骨抜きチキン生肉(29%)、骨抜き生サーモン(20%)、乾燥チキン(13%)、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、乾燥サーモン(6%)、チキングレイビー(1%)、鶏脂(1%)、アルファルファ、乾燥卵、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD)、グルコサミン1,780mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1,780mg/kg、コンドロイチン硫酸1,250mg/kg、リンゴ、ニンジン、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、ホウレンソウ、クランベリー、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ
引用:https://www.piccolodogfood.jp/cart?fil={%22pr%22:{%22S9058A%22:{%22clk%22:%2227370671491d824797e828ad55ef55d9%22,%22ym%22:%22201901%22}}}

ピッコロの原材料を公式ページでチェック⇒ヘルシードッグフード『ピッコロ』

カロリーと脂質

ピッコロはシニア犬の健康のため「おいしさと栄養素はそのままにカロリーと脂質は控えめ」とあります。

そこで、どのくらい控えめなのか、他社のドッグフードと比較して調べてみた。しかし、下記の表をご覧頂くとわかるように、ピッコロのカロリーと脂質はさほど低くはないのです。

ピッコロ 355kcal/100g・脂質15%
モグワン 344kcal/100g・脂質12%
カナガン 361.25kcal/100g・脂質17%
このこのごはん 342Kcal/100g・脂質7.5%
422Kcal/100g・脂質20.00%

ピッコロのCalは355kcalで脂質15%ですが、数値をチェックするとモグワンのほうがカロリーは344kcal/100g、脂質12%と低いです。

モグワンは原材料がピッコロと同じようにチキンとサーモンがベースですし、オールステージ対応です。関連記事は下記からどうぞ!

カロリーや脂質を抑えたというのは、カナガンに比較した値を指しているのでしょうね。なぜなら、ピッコロとカナガンは、経営母体がおなじ株式会社レティシアンだからです。

ピッコロのパッケージをよく見ると上部に「CANAGAN」の文字があることからも、カナガンとピッコロは姉妹品なのだと思います。

カロリーと脂質が控えめとありますが、ダイエット効果はあまり期待できないかもしれません。

ピッコロの成分

ピッコロの成分をチェックしてみました。

ピッコロの成分表

粗タンパク質:32.00%
脂質:15.00%
粗繊維:3.00%
粗灰分:9.00%
水分:8.00%
オメガ6:2.50%
オメガ3:0.80%
カルシウム:1.50%
リン:1.20%
エネルギー(100gあたり): 約355kcal

引用:https://www.piccolodogfood.jp/cart?fil={%22pr%22:{%22S9058A%22:{%22clk%22:%2227370671491d824797e828ad55ef55d9%22,%22ym%22:%22201901%22}}}

ピッコロは粗タンパク質が32.00%となかなか高い数値です。

脂質とカロリーで比較したときと同様にドッグフードで粗タンパク質を比較してみました。

ピッコロ 粗タンパク質:32%
カナガン 粗タンパク質:33%
モグワン 粗タンパク質:28%
このこのごはん 粗タンパク質:21%
粗タンパク質:36%

ピッコロの粗タンパク質の数値は、ほかのドッグフードに比べると高いことがわかりますね。チキンとサーモンがたっぷりのピッコロですから、粗タンパク質の数値が高いのもうなずけます。

さらに高いのは「極」ですね。極は世界最高品質を極めたドッグフードです。フランス産のアヒルがベースのグレインフリーのドッグフードです。

お試ししてみたところ品質の良さを感じられたので我が家の愛犬のフード・ローテンションに組み込まれているドッグフードのひとつです。

ピッコロの口コミ

ピッコロを食べたわんこの口コミを探してみました。やはりサーモンが入っている点がポイント高いですね!

フードの香りも飼料臭がなくとても良いです。シニア犬の健康を考えたレシピ構成で、その上とても美味しそうに食べてくれるので飼い主としてとても満足です。コンディションもよく毎日イキイキしています。(東京都)ミロちゃん
引用:https://www.piccolodogfood.jp/cart?fil=

とても美味しいらしく、こちらが心配になるくらい勢いよくガツガツ食べていました。本人はとても気に入ったようです。サーモンが入っているのもうれしいですね。朝からスッキリで良くなりました。/ここあちゃん(兵庫県)
引用:https://www.piccolodogfood.jp/cart?fil=

 

とはいえ、すべてのわんこに気に入られるとは限りません。食べない子もいるようで、ヤフオクに出品されちゃってました。

やはり犬によっては、お気に召さない子もいることは考慮しておきたいですね!

ピッコロをおすすめするのは「10歳を過ぎたわんこ」。犬種でのおすすめは?

ピッコロはシニア犬のために作られたドッグフードです。

全犬種に対応していますから、どの犬種のわんこにもおすすめできますが、とくに年齢によるからだの変化が見え始めたわんこにおすすめです。

小型犬・中型犬は6~7歳頃、大型犬は5歳くらいでシニアと呼ばれる年齢になり、徐々にからだの衰えが見られるようになります。

どんな犬種のわんこにもおすすめはできますがカロリーの数値は少し気になるところです。

ピッコロはカロリー控えめとあるものの、ほかのドッグフードと比べてみるとそれほど控えめではなかったですよね!

なので、食の細いシニアの子にとっては、少量でしっかり栄養が取れるのでお勧めできますが、シニア犬であっても食欲旺盛な子の場合はダイエットどころか、逆に太ってしまう可能性もあります。

肥満は万病の元ですから、喜んで食べるといっても食べさせすぎないようご注意ください。

ピッコロの購入方法

ピッコロの購入方法ですが、販売は通販限定です。ペットショップやホームセンターで購入することはできません。

ピッコロのような高品質なプレミアムドックフードを流通ルートに乗せると、価格が高くなることや、品質管理の安全面を考慮してメーカーより直送になっています。

ピッコロの価格は?

1袋を単品で購入する場合は、ピッコロは1.5kg・3960円(税抜)です。

別途送料が640円かかります。

ピッコロ単品価格

ピッコロ1袋(1.5kg) 3960円(税抜)

送料 640円

市販されているドッグフードに比べると割高に感じますが、サーモンなどの高品質な材料を使用したプレミアム・ドッグフードがこの価格で購入できるのは、むしろリーズナブルといえるかもしれません。

とはいえ、もう少しお財布に優しい価格で購入したいという飼い主さんには、定期コースをおすすめします。

お得に購入するなら定期コース
web限定

もっとお得に申し込みたいなら、定期コースがおすすめ!

定期コースには先着300名様に限り特典がついています。

定価3960円(税抜)が最大20%まで割引になるんです!

定期購入する数によって割引率はあがります。

1袋購入 ⇒ 10%OFF

2袋~5袋まで購入 ⇒ 15%OFF

6袋以上購入 ⇒ 20%OFF

うれしい特典
  • お届け周期は1週間から最大13週間まで選べる。
  • 3袋以上を購入する場合は送料無料!
  • 二度目のお届け時にフードスクーププレゼント!

 

定期コース月3回まで続ける必要がありますのでご注意くださいね!

 

支払い方法

支払い方法は、代金引換クレジットカードのみです。

代引き手数料が237円(税別)ですが、ご注文金額が10,000円以上の場合は、代引き手数料が無料になります!

 

解約方法は?

定期コース内容の変更や解約・お届け周期の変更は、

  • マイページ
  • 電話
  • お問い合わせフォーム

からできます。

次回お届け日の7日前までにご連絡すれば大丈夫です!

定期コース変更・解約等の連絡先

☎0570-200-012

(平日11:00~18:00 土日祝休)

シニアになってからも、美味しいドッグフードを食べさせてあげたいという願いを叶えてくれるドッグフードです。

定期コースの特典は300名様限りです。詳細は公式ページにてご確認ください。

\いますぐ特典をチェックする/

まとめ

◎ピッコロを食べると下痢になる?

必ずしも下痢をするわけではありません。噂だけが先に広まってしまったようですね。

ピッコロはシニア犬用のドッグフードです。シニア犬は消化能力が衰えてくるので、切り替えに急ぐとお腹を壊してしまうこともありそうです。

切り替えはシニア犬のお腹がびっくりしないようにしてあげましょう。

◎ピッコロの原材料
メインとなる材料は、チキン・サーモン・りんご・さつまいも・マリーゴールドなど。チキンとサーモンがピッコロの70%を占めています。

◎カロリーと脂質

ピッコロはシニア犬の健康のため「おいしさと栄養素はそのままにカロリーと脂質は控えめ」とありますが、他社のドッグフードと比較して調べてみると、それほど低くは無いようです。

◎ピッコロの成分

粗タンパク質:32.00%
脂質:15.00%
粗繊維:3.00%
粗灰分:9.00%
水分:8.00%
オメガ6:2.50%
オメガ3:0.80%
カルシウム:1.50%
リン:1.20%
エネルギー(100gあたり): 約355kcal

◎ピッコロをおすすめする犬種やわんこ

食の細いシニアの子にとっては、少量でしっかり栄養が取れるのでお勧めできます。年齢によるからだの変化が見え始めたわんこにもおすすめです。

カロリーと脂質はそれほど低くはないので、食欲旺盛なシニアの子はダイエットどころか、逆に太ってしまうこともありそうなので注意が必要です。

◎ピッコロの購入方法

ピッコロの購入方法ですが、販売は通販限定です。ペットショップやホームセンターで購入することはできません。

ピッコロのような高品質なプレミアムドックフードを流通ルートに乗せると、価格が高くなることや、品質管理の安全面を考慮してメーカーより直送になっています。

ピッコロの価格は?

1袋を単品で購入する場合は、ピッコロは1.5kg・3960円(税抜)です。
別途送料が640円かかります。

お得に購入するなら定期コースがおすすめです。定期購入する数によって割引率はあがります。

  • 1袋購入 ⇒ 10%OFF
  • 2袋~5袋まで購入 ⇒ 15%OFF
  • 6袋以上購入 ⇒ 20%OFF

定期コース月3回まで続ける必要がありますのでご注意ください。

ピッコロが愛犬の健やかなシニア・ライフのお供となりますように!
ピッコロ

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です