フードの評価とレビュー

無添加ドッグフード「ブッチ」を評価!口コミの評判も検証してみました

わんこ母ちゃんです。こんにちは。

ウチの子には、安全なものを安心して食べさせたいので、我が家はドッグフードだけでなく、手作りごはんも作っています。

手作りごはんは安全な材料を自分で選んで作るから安心ですし、愛犬の体調にあわせてメニューを変えることもできるので健康管理がしやすいというメリットがあります。

できるだけこまめに作ってあげたいとは思っていますが、忙しいとどうしても手作りごはんに手が回らないこともあります。

少し手抜きになってしまう日もあります。

でも大事な愛犬のごはんです。手抜きするくらいだったら、安心安全で栄養バランスに優れたドッグフードをあげたほうが良さそうですよね!

なので、いつも「いいドッグフードはないかな~?」と目を光らせていますが、今回、見つけたのは無添加ドッグフード・ブッチです。

あなたもブッチの評価が気になって、このブログを訪れたのだと思います。

  • ブッチって良さそうだけどホントのところはどうなのか?
  • ブッチの口コミでの評判は?

気になりますよね。

大事な愛犬に食べさせるフードは妥協はしたくないものです。

愛犬が生後6か月から10才になる今日まで、手作りごはんを作りながら愛犬の健康を守ってきたわんこ母ちゃんですから、品質にはこだわります。

ブッチは素材や成分、口コミの評判から見て実際どうなのかを見てみました!

無添加ドッグフード『ブッチ(Butch)』

調べた結果を元にブッチを評価していきますので、ぜひチェックしてくださいね!

無添加ドッグフード『ブッチ』を評価!

無添加ドッグフード『ブッチ』は面白いドッグフードですよね。写真を見るとわかるように大きなソーセージのような形をしています。

人が食べても良さそうです(食べちゃダメですよ(笑))。

ソーセージのようにパックされたドッグフードって、これまでなかったのではないでしょうか?

無添加ドッグフード『ブッチ』はどのように使うかというと、食べるぶんだけをフィルムごと包丁で切り、食べやすいように切るかほぐすかするだけです。

残ったブッチは、専用のキャップがあるので、キャップをつけて冷蔵庫で保管すればOKです。専用のキャップは購入した際についてくるので安心ですよ!

比較サイト用

ではブッチの特徴をチェックしていきます!

【1】無添加ドッグフード『ブッチ』は水分がたっぷり

ブッチの第一の特徴は、水分含有度の高さにあります。

なんと水分含有度が70%と、ほぼ生肉とおなじレベルなので、お肉の香りと味わいがそのまま楽しめるドッグフードなんです。

水分が多いのはうれしいですね。多くのわんこたちが食べているドライタイプのドッグフードは、水分含有度が10%以下と低いものです。

水分の少ないドッグフードを食べていると、お水を飲んでも、水分不足になってしまうことがあります。

体内の水分が不足するのは、わんこのからだにとって良い状態とはいえません。体内の水分が不足すると、体液がスムーズにからだを巡ることができなくなりがちです。

これはできれば避けたいこと。

なぜなら、体液がスムーズに巡らないと、体内の老廃物をじゅうぶんに排出しきれず、体内で滞ってしまうことがあるからです。

その結果、わんこの体臭がきつくなってしまったり、涙やけができてしまったりすることもあるんですよ。

水分を摂ることは、とても大事なんです。

その点、ウェットフードであり水分含有度が生肉とおなじレベルのブッチは、わんこにとって良いフードだといえるのではないでしょうか。

犬のからだは何%が水分でできている?

 

犬のからだには、どのくらい水分が含まれているかご存知ですか?

子犬の場合は、からだの70~80パーセントが水分からできています。成犬の場合もからだの50~80パーセントが水分です。

犬は水分をたっぷり含んだ動物なんです。

食べるものも水分が多いほうが、からだに優しいですよね。生まれてしばらくはミルクで育つくらいです。液体はすんなり体に馴染みます。

ドライタイプのドッグフードを食べたあとに水分を摂取するより、はじめからウェットなフードを食べたほうがお腹に優しいですし、消化吸収が良いといわれるのは当然かもしれませんね。

 

肉食動物は水分がたっぷり含まれた生肉が主食なので、腸が短くても栄養がスムーズに消化吸収されます。そのためブッチも生肉と同じ約70%水分含有度をめざしました。

フード自体の水分量が自然界の食事である肉類に近いことによって、よりストレスの少ない消化吸収をサポートできるのです

引用:無添加ドッグフード『ブッチ(Butch)』より

 

【2】自然な栄養を損なわない調理法

ブッチはニュージーランドで育った厳選された素材を100℃未満の低温で15分以内に加熱し、その後すぐにパッゲージ包装しています。

ドッグフードを低温調理で仕上げているなんて、それはさぞかしジューシーで美味しいでしょうね!

お肉は高温で加熱しすぎると、水分が抜けてパサパサになって美味しくないですよね。しかし、お肉は調理法によってガラリと変わります。

トリの胸肉がいい例です。トリの胸肉は、ふつうに焼くとパサパサ感が出てしまって、あまり美味しくありませんが、胸肉を低温調理して作る鶏ハムなら、しっとりジューシーでとても美味しく、いくらでも食べられる料理になります。

低温調理で仕上げたブッチはお肉をジューシーに仕上げているだけでなく、熱に弱い栄養素も壊すことなくキープしています。

ブッチはもちろん人工添加物は一切、無添加です。何も添加しないからこそ、お肉のおいしさや風味をそのまま味わえるのでしょうね!

人工添加物が無添加についてや、調理法の詳細については公式ページをご覧ください。公式ページの上部に詳しく説明があります。

新規バナー

公式ページをご覧になれば、ブッチがわんこたちの心をガシッ!と掴んで放さないのも納得できると思います!

 

【3】栄養バランスの良さ

ブッチは、高タンパク・低脂肪にこだわっています。原材料に対する肉類の割合は最大で92%だというから、お肉が多いですね~!

ですが、現代の犬は雑食性でもあることを考慮して、少量の野菜類海藻であるケルプを加えています。肉だけでは得られない栄養素も効率よく補えるよう工夫されています。

お肉だけでなく魚油ベースのオメガ3素材由来のオメガ6といった必須脂肪酸ももれなく配合されているので、栄養バランスはバッチリ!

グレインフリーであることも、つけ加えておきます。

詳しくは公式ページにて!

栄養バランスについては公式ページの上部にあります。成分表はページの下部をご覧になってみてくださいね⇒無添加ドッグフード『ブッチ(Butch)』

ブッチは、犬のが肉食寄りの雑食性であることをバッチリ考慮して作られていますね。お試ししてみる価値はありますよ!

 

【4】原材料はヒューマングレード

ブッチに使われている素材は、ニュージーランドの自然な環境で放牧され、牧草のみで育てられた牛や羊たちです。

ニュージーランドの行政機関の厳格な検査をクリアした生産農家から、新鮮なヒューマングレードな原材料のみを仕入れ、その日のうちに工場で製品化しています。

また、ブッチは全犬種、オールステージに対応の総合栄養食です。

全犬種対応だから、チワワでもグレートデーンでもOKですし、オールステージだから噛む力の弱い子犬はもちろん、歯のないシニア犬でも食べられます。

これなら、多頭飼いのご家庭も安心ですね!

いつものドッグフードに飽きてしまった子や、好き嫌いの多い子にもおすすめです。フードに混ぜるだけで大喜びするフードに早変わりするかもしれません。

 

無添加ドッグフード『ブッチ』の口コミ情報

実際にブッチを食べさせてみた人の口コミ情報を見てみました。

口コミを読んでいると、ブッチを選んで食べさせている飼い主さんは、本当にわんこの体のことを考えて選んでいることがよくわかりますね。

いろいろなフードを試していたところ、ブッチを知ったんです。
保存料や着色料などの人工添加物が含まれていないところや、海外の動物園でも使われている商品というところに惹かれました。

引用:butch http://www.butch-japan.jp/voice

 

食いつきの違いには本当にびっくりしましたよ!飽きることなくペロッ
とたいらげている姿を見ると美味しいんだなあって安心するんです。
ニオイも気にならなくなったし、毛艶もだいぶ変わってきましたよ。
それにウンチの量が減ったことにも驚きました。

引用:butch http://www.butch-japan.jp/a01_rn/#form

 

まず何よりもびっくりしたのが、すごく美味しそうな匂いがするところ。ドッグフード独特のもわ~んとした油臭さみたいな匂いが全然ないんですよね。実際にルカにあげてみたらとても喜んで食べているのがわかったから、本当に嬉しかったですね。大切な家族の健康のために、これからもブッチを続けていこうと思います。

引用:butch http://www.butch-japan.jp/voice/page/2

 

「喜んで食べてくれる」姿を見られるのはうれしいものですし、無添加で栄養バランスもバッチリのフードだから安心して見ていられます。

ブッチのように生肉に近い食感が楽しめるフードは他には見当たりません。

犬の食性にあった美味しいごはんで、あなたの愛犬を喜ばせてあげることをおすすめします。

無添加ドッグフード『ブッチ(Butch)』

パピくん
パピくん
ブッチを食べ始めてからコートがツヤツヤになった子もいるんだよね。
わんこ母ちゃん
わんこ母ちゃん
水分たっぷりのブッチで体臭が軽減したり、カイカイが少なくなった子もいるのよ。

初めての人は特別初回トライアルセットがおすすめ

無添加ドッグフード『ブッチ』は三種類の味があります。ブラックレーベル・ホワイトレーベル・ブルーレーベルの三種類があります。写真を参考にしてくださいね。

比較サイト用

◎ブラック・レーベル
ブッチのベストセラー。
環境規制が世界一厳しいニュージーランド産のビーフとラムの赤身を主体にチキンを配合。

◎ホワイト・レーベル
100%チキン・毛色の薄い犬に。
アレルギー等で赤身肉に敏感で苦手な愛犬に最適。
チキンのみ使用のため、マズルまわりの色灼けが改善されます。

◎ブルー・レーベル
肉食獣である猫にも対応したユニークな犬猫共用フード。
猫には不可欠なタウリン強化。

 

どのブッチが好みの味か、まずは三種類をぜんぶ食べさせてあげたいですよね!

そこで初回限定のトライアルセットがおすすめです。

通常で購入するより、か・な・り! お得なんです。

ブラックレーベル・ホワイトレーベル・ブルーレーベルの各800g3本セットを、通常4,347円(税込)のところ、トライアルセットなら、お試し価格の3,000円(税込)で購入することができます!

さらにうれしいのは送料無料なんです。

送料ってマジでバカにできないので、無料になるのは超メリットでしょう!

つまり!わずか3000円ポッキリで、1本800gの高品質なブッチを3本まとめて試すことができるのです。

これはかなりのお買い得であることにお気づきでしょうか?

プレミアムドッグフードは、1キロ1000円ではまず、買うことができません。

高品質なフードは1キロ1500円くらいするものもあります。それ以上の価格帯のドッグフードもありますよね。

大事な愛犬のためと思うなら財布のヒモも緩みますが、お得に購入できるチャンスがあるならみすみす見逃す手はないでしょう!

 

高品質で安心安全な無添加ドッグフード『ブッチ』を3本まとめてお試しできるトライアルセットは、初回限定の送料無料で3000円です。

トライアルセットにありがちな継続購入をする義務はないので安心ですよ!

詳細は公式ページを確認してみてくださいね!

\いますぐ公式ページをチェックする/

まとめ

◎無添加ドッグフード『ブッチ』を評価!

無添加ドッグフード『ブッチ』を公式ページからの情報を元に、じっさいに食べさせている人の口コミを元に【1】~【4】の項目に分けて私なりの評価を入れてみました。

【1】無添加ドッグフード『ブッチ』は水分がたっぷり
【2】自然な栄養を損なわない調理法
【3】栄養バランスの良さ
【4】原材料はヒューマングレード

◎無添加ドッグフード『ブッチ』の口コミ情報

◎初めての人は特別初回トライアルセットがおすすめ

無添加ドッグフード『ブッチ』について詳しく調べながら検証してみましたが、ブッチは本当に犬の健康を考慮し、犬の食性を重要視して作っていることがわかりました。

  • 水分保有度が生肉とおなじ70%と高い
  • 人工添加物を使用せず無添加
  • 素材はニュージランド産のヒューマングレード
  • 栄養バランスが良い

など、プレミアムドッグフードとして安心して食べさせてあげることができます。

必要なだけスライスして食べさせるだけだからカンタンですし、保存も専用のキャップをつけて冷蔵庫に入れるだけです。冷蔵保存もできますよ!

愛犬の健康のために、

  • 犬にとって自然の状態に近い食事を食べさせてあげたい
  • 水分たっぷりの生肉に近いものを食べさせてあげたい
  • 手作りごはんのお助けフードとして使ってみたい
  • プレミアムドッグフードをおトクに試したい!

という愛犬LOVEな飼い主さんには、無添加ドッグフード『ブッチ』をおすすめします!

お得なトライアルセットの詳細はこちらからどうぞ!

無添加ドッグフード『ブッチ(Butch)』

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です