フードの評価とレビュー

犬心 糖&脂コントロールの口コミと評判は?膵炎への効果やお試しサンプルも調べてみた!

わんこ母ちゃんです。こんにちは!

「犬心 糖&脂コントロール」は、人も食べられる低糖・低脂のナチュラル療法食として開発されたドッグフードです。

膵炎をはじめ、クッシング症候群・甲状腺機能低下症・高脂血症・糖尿病・メタボ(肥満)・胆泥症(胆嚢粘液嚢腫)など7つの健康トラブルに対応しています。

犬心 糖&脂コントロール

なぜ対応できるのかといえば、7つの健康トラブルの原因は、高血糖・高脂血と深く関わっているからです。

まさに健康は「食」から、ですね!

実際に犬心 糖&脂コントロールを食べている子の口コミや評判はどうかと調べてみたところ「療法食なのにすごく喜んで食べています!」と高評価なレビューが多くて驚きました。

本当に美味しいのでしょうか?

原材料成分も気になりますね。

無料サンプルを使ってノーリスクでお試しする方法も解説します!

犬心 糖&脂コントロールに興味のある飼い主さんは是非チェックしてくださいね!

犬心 糖&脂コントロールをおすすめする犬

犬心 糖&脂コントロールをおすすめしたいわんこは、膵炎をはじめとするクッシング症候群・甲状腺機能低下症・高脂血症・糖尿病・メタボ(肥満)・胆泥症(脂質代謝異常症)など健康トラブルを抱えている子です。

飼い主さんご自身で愛犬の食事の糖質と脂肪分をコントロールするのは、考えただけでも大変です。

動物病院でおすすめされる処方食のドッグフードもありますが、食べない子も多いです。

なぜ食べないかといえば、処方食は美味しくないからですよね。

体調もすぐれない上に、ごはんもマズいとあってはわんこが気の毒です。

せめておいしいごはんで、愛犬に食べる楽しみを与えてあげませんか?

犬心 糖&脂コントロールは糖質・脂肪分が抑えてあるにも関わらず、おいしく食べられる自然療法食。

人も食べられるクオリティだから安心安全です。

犬心 糖&脂コントロールの口コミと評判は?

さっそくですが、犬心 糖&脂コントロールの口コミから評判を確認してみます。

全然食べなかった子が、犬心 糖&脂コントロールを食べさせるようになってからは一度も食べ残したことがなく、入院をしなくなったとのこと!うれしい口コミですね^^

フードを変えると吐くことがあります。量が多いのも吐く原因になるので、最初は少しずつ食べさせたほうが良いです!

犬心 糖&脂コントロールを常食して健康をキープできている子です。12袋の大人買いをされています!

 

View this post on Instagram

 

兄ちゃんを病気で亡くし、兄ちゃんの分も生きてやる!ってゆうてる けど、病院で買ってる療法食は、不味いのだろう……いっつも残し、おやつくれーおやつくれー言う だから……病気になっちまうのょ つか、与える飼い主が悪いのだが…… 好き嫌いが多いこの子が、美味しく食べてくれるご飯がないだろうか 療法食なんて、美味しいわけがないんだが、 残された老後 楽しみのご飯が、少なくとも不味い……と毎日思わせたくない やっと見つけた 病気持ちのこの子が安心して食べれるご飯 残さず食べてくれるのがこんなに嬉しいとは マッシュルームデザインスタジオ様 素晴らしいご飯を作ってくださって、ありがとうございます そして、わたしの無理なお願いや相談に、親切な対応をありがとうございます。 犬飼いとしても、小売業に携わる人間としても感動しました #犬療法食#犬心#甲状腺機能低下症#てんかん#高脂血症#老犬#トイプードル#わんこのいる生活#犬好きさんと#マッシュルームデザインスタジオ

ishidasanさん(@sho37pu621)がシェアした投稿 –

口コミからは「食いつきが良い」という評判が目立ちましたね!

病気を抱えても愛犬がおいしく食べられるだけでなく、健康状態が改善された内容の口コミもあり、読んでいてうれしくなりました。

膵炎への効果は?

わんこの飼い主さんから「膵炎を患った」と聞くことは珍しくありません。膵炎とはわんこ自身がとても苦しい思いをする病気です。

膵炎になる原因は明確にはわかっていませんが、脂肪の多い食事ストレス、細菌感染、薬物など要因は複数あると考えられています。

膵臓は「タンパク質や脂肪、炭水化物を分解する消化液を出し、血糖値をコントロールするためにインスリンを出す」などの役割を担っている臓器です。

急性の膵炎と慢性の膵炎があり、急性膵炎は膵臓の消化酵素が何らかの原因で活性化されたことで膵臓自体が自己消化されてしまうことで様々な症状を引き起こします。

慢性膵炎は進行性の膵繊維化に伴う膵機能障害で、消化吸収に影響を及ぼします。

引用:https://www.anicom-page.com/all_details?type=1&id=3

膵炎は効果的に働く薬や外科的に治療する方法がない病気です。

発症した場合は絶食して膵臓の働きを抑制し、点滴による輸液や鎮痛剤の投与で痛みを和らげるしかありません。

症状が落ち着いてきたら低脂肪の食事を少しずつ与えます。膵炎は再発することもあるので、食事の管理は重要です。

犬心 糖&脂コントロールは、低糖類・低脂肪のドッグフードですから膵炎の子に適しています。

口コミ情報を見ると、膵炎の子が犬心 糖&脂コントロールを食べて、再発させずに安定した状態を保てていることがわかります。

犬心はリピート率が95%()以上という数値からいっても、膵炎の症状を効果的に抑えているといえるでしょう。(※2015年8月1日~12月31日に犬心を購入したお客さんのうち、再注文された方の割合です)

 

犬心 糖&脂コントロールは、名前のとおり糖質や脂肪分をコントロールできるドッグフードですが、なぜコントロールできるのでしょうか?

犬心 糖&脂コントロールの特徴をチェックしてみました!

犬心 糖&脂コントロールの特徴

犬心 糖&脂コントロールは、膵炎だけでなくクッシング症候群・甲状腺機能低下症・高脂血症・糖尿病・メタボ(肥満)・胆泥症などの脂質代謝異常症といった7つの健康トラブルに対応しています。

これらの病気は互いに併発リスクが高く、発症する要因に高血糖・高脂血が関係しているので、糖と脂肪をコントロールできれば7つの健康トラブルをすべて予防できることになります。

糖と脂肪をコントロールできるナチュラル療法食を作り出すため、下記の専門家チームが組まれました。10年にわたる研究の末に誕生したのが犬心 糖&脂コントロールです。

専門家のチーム
  • 日々難病に取り組んでいる獣医師
  • 5大学(奈良女子大学・関東学院大学・兵庫県立大学・同志社大学・東京農業大学)
  • 栄養学の専門家
  • 70年の歴史のある研究工房
  • 10年間、共同開発したメーカー
  • わんちゃん300頭の協力

引用:http://dog-to.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

犬心 糖&脂コントロールは臨床栄養人も食べられる自然のちからを活かし、自然原料・手作り製法によって仕上げています。

だからこそ味が良く、食いつきが良いのでしょうね!

7疾患ケアができるわけ

犬心 糖&脂コントロールが7疾患をケアでるのは、単に低糖・低脂肪なフードにしたからではありません。

10年間の専門家チームによる研究によって、緻密な栄養バランスがとることに成功したからこそコントロールが可能になったのです。

Wパワーの血糖コントロール

犬心 糖&脂コントロールでは、血糖値をセーブするため「消化されやすい糖質」を制限し、さらに糖の吸収をブロックする食物繊維をバランス良く配合。

オメガ3/6による「低脂肪」

低脂肪なだけでなく品質にこだわり、良質な生の肉や魚、ココナッツ等からオメガ3/6脂肪酸を中心に配合しています。

たんぱく質など栄養バランス

高消化性たんぱく質、ビタミン・ミネラル・アミノ酸をバランス良く配合。低カロリーでありながら栄養はしっかり摂れます。

腸の健康+免疫力キープ

犬の善玉菌をアップする乳酸菌群を調整しベストなバランスで配合。さらにβグルカンを多く含む「花びらたけ」を配合し、免疫力をしっかり維持。またβグルカンだけではなくLPSを配合しています。

LPS(Lipopoli saccharide)はリポポリサッカライドと読み、日本では「リポ多糖」「糖脂質」と呼ばれる、体内の免疫細胞であるマクロファージを活性化する働きがあります。

7疾患ケアできる理由を公式サイトで確認!⇒公式サイト

犬心 糖&脂コントロールの成分表

  • 325kcal/100g
  • 粗脂肪5~9%
  • 粗繊維5~8%
  • 粗タンパク質23~27%
  • 可消化性炭水化物40~45%
  • リジン約1.9%
  • L-カルニチン300ppm以上
  • ビタミンE400IU/kg以上
  • ビタミンC100mg/㎏以上
  • セレン約0.7mg/㎏
  • ナトリウム約0.3%
  • カリウム約0.7%

引用:http://dog-to.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

消費期限と給餌量

犬心 糖&脂コントロールの消費期限は未開封で1年間です。

「無添加フード」でありながら長期間保存できるのは、空気を遮断する「特殊加工のアルミ袋」と食品用の「脱酵素シート」によって徹底的に酸化を防ぐことに成功したからです。

開封後は1か月以内、長くとも2か月以内に使い切ってください。開封後の保管は、高温多湿・直射日光を避けて常温(もしくは冷蔵)で保管します。

給餌量は個体差が大きいものです。下記の表はあくまでも目安にしてください。

体重 給餌量(1日あたり)
5kg 100g
10kg 160g
15kg 220g
20kg 280g
30kg 380g

引用:http://dog-to.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

犬心 糖&脂コントロールの原材料

犬心 糖&脂コントロールの原材料を確認してみました。

使用原料

生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

引用:http://dog-gan.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

タンパク源である肉類は生のものを使っています。冷凍肉や乾燥肉ではないので生肉の風味や栄養分が詰まっています。

ドッグフードには大豆やとうもろこしなどの穀類が使われていると良くないという風潮もありますが、必ずしも食べてはいけないわけでありませんし、犬心 糖&脂コントロールの原材料については栄養学の専門家と研究チームが厳選しています。

穀類の割合からいっても使用量が多いとはいえませんし、むしろ有効な成分を摂取でき健康効果が得られると考えます。

安全性

安全性もしっかり考慮されていますよ!

安全のため食品添加物・酸化防止剤・防腐剤・合成調味料・着色料・肉骨粉・オイルコート・香料・肉魚の高温加工・残存農薬・乾燥肉・肉副産物の12項目は不使用となっています。

人も食べられるドッグフードが基準になっているので安心です。

犬心 糖&脂コントロールの原材料は、公式ページでチェックできます。

公式ページ⇒犬心 糖&脂コントロール

犬心 糖&脂コントロールのお試しサンプルについて

犬心 糖&脂コントロールの販売会社である株式会社マッシュルーム・デザイン・スタジオでは、定期購入・まとめ買いを考えている飼い主さんへ、食いつきチェック用サンプル200g無料でプレゼントしています。

単に試食したいというご要望にお応えするものではないのでご注意くださいね。

サンプルを試すことができるのは、定期購入・まとめ買い前提です。

わんこの食いつきが悪い場合は、9日以内に連絡をすればカンタンに購入をキャンセルできるので安心ですよ!

定期コースは
  • 定期コースは特別優遇価格
  • いつでも休止/再開が可能
  • お届けサイクルは自由に選べます。

犬心 糖&脂コントロールの消費期限は1年ですから、まとめ買いも安心!

定期コース・まとめ買いは価格も優遇されますし送料も割安なのでおすすめですが、どうしても定期購入やまとめ買いをしたくない場合は、サンプルなしの単品(送料別)でも購入できます。

引用:http://dog-gan.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

くいつきチェック用サンプルは申込みをしてから、ゆうメール便で通常3~4日で届きます。届いたらさっそく愛犬に食べさせてみましょう。

その後、そのまま申し込みをした日から12日後に本品が送られてきます。

価格

◉まとめ買い(1kg×3袋)
通常価格7800円  ➔ 1300円OFF
6500円(税抜)+送料

◉定期コース(1kg×3袋)
通常価格7800円  ➔  1400円OFF
6400円(税抜)+送料

※まとめ買い・定期コースの送料は200円です。
(北海道・沖縄県へは送料800円、東北地方へは送料400円)

引用:http://dog-to.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

初回のお試し後、食いつきOKなら1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月など、ご希望のサイクルで定期的に商品をお届けできます。(4ヶ月以上のサイクルも可能!)

 

送料

◆定期コース・まとめ買いコース

本品の送料は、関東・信越・中部・北陸・関西・中国・四国・九州200円。東北地方400円北海道・沖縄800円

◆通常コース(単品購入)

本品の送料は、関東・信越・中部・北陸・関西・中国・四国・九州510円。東北地方810円北海道・沖縄1210円

食いつきチェック用サンプルだけでキャンセルする場合は、下記までご連絡ください。

◆連絡先◆

電話:0800-123-1556

受付時間:9:00〜17:00(土日祝は除く)

Eメール:info@kinoko-design.com

「犬心 糖&脂コントロール」膵炎・クッシング症候群・甲状腺機能低下症・高脂血症・糖尿病・メタボ(肥満)・胆泥症など脂質代謝異常症を含む7つの健康トラブルに対応するドッグフードです。

人も食べられる低糖・低脂のナチュラル療法食!

病院の処方食を食べない愛犬も、犬心 糖&脂コントロールは喜んで食べています!

おいしく食べて健康トラブルの改善が期待できる犬心 糖&脂コントロールを是非公式ページでチェックしてくださいね!

\公式ページを今すぐチェック!

まとめ

犬心 糖&脂コントロールをおすすめする犬

犬心 糖&脂コントロールをおすすめしたいのは、やはり膵炎をはじめとするクッシング症候群・甲状腺機能低下症・高脂血症・糖尿病・メタボ(肥満)・胆泥症などの脂質代謝異常症といった健康トラブルを抱えている子です。

食べることはわんこの楽しみでもあります。

犬心 糖&脂コントロールの口コミと評判は?

SNSの口コミの評判をチェックすると「食いつきが良い」という評判が目立ちました。

病気を抱えていても愛犬がおいしく食べられる、しかも健康状態が改善されてる口コミもあり、読んでいてうれしくなる内容でした。

膵炎への効果は?

口コミ情報を見ると、膵炎の子が犬心 糖&脂コントロールを食べることで膵炎を再発することなく症状が安定しています。

犬心はリピート率が95%以上という数値からいっても、膵炎の症状を効果的に抑えているといえるでしょう

犬心 糖&脂コントロールの特徴

糖分と脂肪分を抑えることで膵炎だけでなくクッシング症候群・甲状腺機能低下症・高脂血症・糖尿病・メタボ(肥満)・胆泥症などの脂質代謝異常症といった7つの健康トラブルに対応しています。

7疾患ケアができるわけ

下記の専門家チームのプロジェクトによる10年にわたる研究の賜物です。

消費期限と給餌量

犬心 糖&脂コントロールの消費期限は未開封で1年間です。給餌量は以下を参考にします。

体重 給餌量(1日あたり)
5kg 100g
10kg 160g
15kg 220g
20kg 280g
30kg 380g

引用:http://dog-gan.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

犬心 糖&脂コントロールの原材料

使用原料:生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

犬心 糖&脂コントロールのお試しサンプルについて

犬心 糖&脂コントロールは定期購入・まとめ買いを考えている飼い主さんへ、食いつきチェック用サンプル200gを無料でプレゼントしています。

サンプルを試すことができるのは、定期購入・まとめ買い前提です。食いつきが悪い場合は、9日以内に連絡をすればカンタンに購入をキャンセルできます。

おいしいごはんで糖質と脂肪分をコントロールし、元気と健康を取り戻しましょう!詳細は公式サイトをご確認ください!

犬心 糖&脂コントロール

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です