フードの評価とレビュー

【犬心】元気キープの成分は?口コミと評判・無料お試しサンプルもチェック!

わんこ母ちゃんです。こんにちは!

「犬心・元気キープ」はがん・腫瘍に負けない愛犬の食事として開発された世界初のナチュラル療法食のドッグフードです。

獣医師、栄養学の専門家、開発メーカーなど、それぞれの専門家が研究プロジェクトを10年以上組んで誕生させました。

公式ページ⇒犬心・元気キープ

犬のがん・腫瘍に負けない食事とは、なんとも心強いドッグフードですが、どのような成分が配合されているのでしょうか?

元気をキープすることが可能なのか調べてみたところ、犬心・元気キープは免疫力を活性化させる作用のあるβグルカンやLPSなどの成分を配合していることがわかりました!

日々、がんなどの難病と向き合っている獣医師が犬心・元気キープの監修に携わり、推奨していることも確認しています。

じっさいに犬心・元気キープを食べさせてみた飼い主さんの口コミや評判についても調べてみたので、ぜひチェックしてくださいね!

犬心・元気キープの成分は?

がんや腫瘍と聞くと難しい病気に感じますが、がんや腫瘍になっても元気をキープをできるとすれば、症状や変化に対応し、発症したがんや腫瘍を抑制できることになります。

一般的にがんや腫瘍を発症すると、下記の4つの問題から元気・活力が失われてしまうことが多いです。

  1. 免疫力の低下
  2. がん・腫瘍に栄養を奪われる
  3. 犬自身のエネルギー不足
  4. 犬自身の活力ダウン

引用:http://dog-gan.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

そこで犬心・元気キープは、上記の4つの問題をカバーする成分を配合し、元気や活力を維持できるよう工夫されています。

詳しく見ていきましょう。

①免疫力の低下を防ぐLPSとβグルカン

まず何より犬自身の免疫力を低下させないことが大事です。免疫力の維持・向上のため犬心・元気キープにはLPSとβグルカンが配合されています。

LPSとβグルカンの2つの成分によって免疫系を刺激し、免疫キープのスイッチを入れることが必要だからです。

LPSとは?

LPS(Lipopoli saccharide)はリポポリサッカライドと読み、日本では「リポ多糖」「糖脂質」と呼ばれています。

LPSには体内の免疫細胞であるマクロファージを活性化する働きがあるので、がんに対応する力を高めることが期待できます。

下記の写真は免疫細胞のマクロファージがLPSによって活性化した様子です。

引用:https://www.macrophi.co.jp/lps/1-1.html

LPSによる免疫力の活性化が期待できても、効果の出る量が配合されていなければ良い結果は得られないものです。

その点、犬心・元気キープは自然免疫応用技研株式会社の純正LPS素材が既定値以上配合しているので安心です(LPS配合量:50ug/kg体重/日)。

 

βグルカン

βグルカンとは、免疫系を刺激するキノコなどに含まれる成分です。犬心・元気キープでは「花びらたけ」「冬虫夏草」の2種を使用しています。

花びらたけはβグルカンをたっぷりと含むキノコの名前です。昔は見つけるのがむずかしいキノコだったので「幻のきのこ」と呼ばれていました。

花びらたけのβグルカン含有量は、キノコのなかでもズバ抜けて高いので健康効果が期待されています。

ハナビラタケが注目されるようになった一つのキッカケは、東京薬科大学によるβグルカンの研究でした。ハナビラタケには、βグルカンが40%以上も含まれていることが報告されたのです。

他にも、βグルカンを豊富に含むキノコはあるものの、ハナビラタケほど含有量の高いものはありません。

引用:https://kinoko-design.com/hpgen/HPB/categories/12286.html

 

冬虫夏草とは昆虫にキノコが寄生して、昆虫の頭や関節などから棒状のキノコとなって出てきたものをいいます。

多少、不気味に感じますがβグルカンを多量に含み、免疫力の向上が期待できるキノコです。

冬虫夏草に含まれるβ-グルカン(多糖体)は、アガリスク茸の17倍、普通のキノコの約170倍と多量に含まれています。

免疫力を高め、壊れた細胞を修復する力が強いといわれています。

さらに奇跡のホルモンといわれる「メラトニン」が含まれていることも判明しています。

メラトニンは、間脳上部の松果体という内分泌器官から分泌される脳内ホルモンで、不老長寿のホルモンとして注目されています。

また、免疫細胞の一種であり体がガンと闘うときに最も重要な役割を果たすNK(ナチュラルキラー)細胞が、冬虫夏草抽出物により劇的に活性化することが明らかになりました。

引用:http://www.yukikura.com/product/toutyuukasousake/toutyukasou.html

 

犬心・元気キープは、LPSとβグルカンの2つの成分を配合し、相乗効果によって犬の免疫力をバックアップしています。

②がん・腫瘍に栄養を奪われる

がんや腫瘍ができると、食べた食材の栄養が、がんや腫瘍に奪われて体力が落ちる心配があります。

犬心・元気キープでは、がんや腫瘍が利用しにくい玄米と大麦を厳選して使用しています。

玄米はビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素を豊富に含む穀物です。また玄米に含まれるフィチン酸は、体内の鉛などの重金属と結合し有害物質を排出する働きがあるといわれています。

大麦はβグルカンを含む機能性の高い食品でカルシウムやカリウムが豊富です。また不溶性と水溶性の両方の食物繊維をバランスよく含み、腸内環境を整えます。

がんや腫瘍を栄養不足に追い込む素材として使用されています。

③犬自身のエネルギー不足

犬のエネルギー源となるDHA・EPA・αリノレン酸などのオメガ3脂肪酸を多く含む青魚を原材料に使い、さらに通常では市販されていない未精製の生の亜麻仁油を特別に採用!

亜麻仁油はα-リノレン酸を多く含み、免疫力と関係する遺伝子を活性化させたり、がんが増える経路を抑える作用があるといわれています。

犬心・元気キープは、ドッグフードと特製オメガ3オイルがセットになっています。

④犬自身の活力ダウン

犬自身の元気と活力をキープできるよう、高タンパクで消化しやすい生牛肉・生鶏肉・生馬肉を使用し、臨床がんケア・アミノ酸の「アルギニン」を高配合しています。

アルギニンは効用として、

  • 成長ホルモンの分泌を促す働き
  • 免疫力の向上
  • 疲労回復をサポート
  • 生活習慣病の予防
  • 肌荒れのケア

などが期待できます。

成長ホルモンは、病気を予防し傷の回復を早める作用が期待できます。

また免疫力を活性化させる働きが確認できました。詳しくは下記の引用文を確認してください。

アルギニンは私たちの体内で、免疫細胞のマクロファージが活性化するよう働きかけます。マクロファージは、体に侵入してきた細菌やウイルスなどを食べてしまう白血球の一種です。マクロファージの働きが活性化すると、私たちの免疫力アップにもつながり、病気に負けない強い体を作り出すことが期待できます。
また、手術後の回復を促し、感染症合併の発生率を下げるものとして、アルギニンが加えられた輸液が使用されています。

引用:http://cp.glico.jp/powerpro/amino-acid/entry12/

 

犬心・元気キープでは、がん・腫瘍になった犬が抱える4つの問題をケアする成分を配合していることがわかりますね!

犬心・元気キープの成分表

  • 粗たんぱく質:26~32%
  • 粗脂肪:20~25%
  • 粗繊維:3~5%
  • オメガ3脂肪酸:8%以上
  • アルギニン:2%以上

引用:http://dog-gan.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

成分表を見ると、犬心・元気キープは、一般的なドッグフードよりも粗たんぱく質や粗脂肪の割合が高いです。がん・腫瘍に対応しているフードだからといえるでしょう。

犬心・元気キープの原材料

犬心・元気キープの原材料も確認してみました。

犬心元気キープの原材料

生牛肉・生鶏肉・生馬肉・植物油・魚粉・ココナッツ・大豆・ゴマ・とうもろこし・生魚・ホエイ・玄米・大麦・さつまいも・じゃがいも・海藻・花びらたけ・冬虫夏草・オリゴ糖・ビール酵母・乳酸菌群・LPS

引用:http://dog-gan.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

タンパク源である肉類は生のものを使っています。

ドッグフードには大豆やとうもろこしなどの穀類が使われていると良くないといわれる風潮もありますが、必ずしも食べてはいけないわけでありませんし、犬心・元気キープの原材料については栄養学の専門家と研究チームが厳選した材料です。

穀類を使っているといっても割合を見れば多く含んでいるとは言い難いですし、むしろ有効な成分を摂取でき健康効果が得られると考えます。

安全性

安全性もしっかり考慮されていますよ!

人も食べられるドッグフードが基準になっているので安心です。

安全のため食品添加物・酸化防止剤・防腐剤・合成調味料・着色料・肉骨粉・オイルコート・香料・肉魚の高温加工・残存農薬・乾燥肉・肉副産物の12項目は不使用となっています。

引用:http://dog-gan.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

原材料を公式サイトで詳しくチェック⇒犬心・元気キープ

犬心・元気キープの口コミと評判

犬心・元気キープの口コミや評判をご紹介しますね!

まずコチラは痩せてしまった黒パグのつくねちゃんが、元気キープを食べて健康的なボディを取り戻したという口コミです。

 

下記は愛犬が血管肉腫とのことで、犬心・元気キープをはじめた飼い主さん。

フードにトッピングして食べさせているようです。野菜が好きな子なのかもしれませんね。ウンチがすごく良いとの口コミがありますね!

 

口コミの評判を見ると、犬心・元気キープを食べたがんや腫瘍を患った子のなかには元気をキープできた子もいることがわかります。

また、難病と向き合う獣医師が犬心・元気キープの監修に携わり、自ら推奨していることも見逃せません。

犬心・元気キープの監修に携わっているのは、愛知県春日井市にある動物病院「どうぶつクリニック花水木」の院長、花木 善弘獣医師です。

病院のサイト⇒どうぶつクリニック花水木(※2019年8月現在、病院のサイトは閉鎖されてしまったのか存在していません)

難病・特殊疾患に対する治療実績が豊富である院長先生の元には、遠方からも多くの飼い主さんが治療に訪れています。

西洋医学と東洋医学の統合を目指しながら自然療法にも力をいれている花木院長先生ですが、犬心・元気キープを監修し、推奨しています。

下記の引用文は、花木先生のメッセージです。

犬のがん・食事療法は、栄養条件が厳しく、ドライフードの開発は難しいと思っていました。

しかし、無添加・国内製造の「犬心」を知り、
この内容なら「犬のがん・腫瘍の食事管理」ができると確信しました。

「犬心」は、国際的に権威のある学会・論文での動物栄養学の臨床報告をベースに、独自の研究内容も反映されています。

今までにない、安全で質の高い「犬のがん・腫瘍性疾患の療法食」で、当院のコンセプトにも沿った良品であるため、推奨いたします。

引用:http://www.pet-hanamizuki.com/original13.html#anc01

 

どうぶつクリニック花水木のサイトを見ると、がん治療の指導を受けていた黒ラブの飼い主さんがクリニックへ宛てたメッセージもありました。

お電話にて我が家の愛犬、黒ラブ モモの病状(上あごメラノーマ)の相談をさせていただきました。

お忙しい中わざわざ何度も折り返しのお電話とともに、話を聞いていただき、ご指導いただいたことを、暗中模索の中、救われた思いでした。ご紹介いただいた*EF-5Kは、犬心のフードと共に摂取し続け、介護中一度もおなかを下さず、オムツも使いませんでした。食事も亡くなる当夜まで何とか摂取し、体重も二十七キロくらいを維持していたと思います。まだ、穴のあいた様な寂しい日々ですが、この気持ちも大切にお世話になったことを感謝いたします。

引用:http://www.pet-hanamizuki.com/original15.html

メッセージを読むと、最期まで犬心を食べ続け、体重を維持できていたことがわかります。飼い主さんと愛犬の負担を軽減できるドッグフードだといえるのではないでしょうか。

犬心・元気キープの無料お試しサンプルについて

犬心・元気キープの販売会社である株式会社マッシュルーム・デザイン・スタジオでは、購入を考えている飼い主さんへ、食いつきチェック用サンプル&花びらたけパウダーサンプル送料無料でプレゼントしています。

あくまでも食いつきチェック用です。キャンセルの連絡をしなければ、申し込みをした日から12日後に本品が届きます。

つまり、単に試食したいというご要望にお応えするものではないのでご注意ください。

サンプルを試すことができるのは購入を前提としている場合のみです。

サンプル内容
  • ドライフード90g+オイル10cc
  • 花びらたけパウダーサンプル(20g)

くいつきチェック用サンプルは申込みをしてから、ゆうメール便で通常3~4日で届きます。届いたらさっそく愛犬に食べさせてみましょう。

食いつきがよかったら、そのまま申し込みをした日から12日後に本品のセットが送られてくるのを待ちます。

食いつく様子がなく残念ながらキャンセルする場合は、本品が到着する予定日の3日前までに、メールか電話でキャンセルする旨を連絡すればキャンセルできます。

◆犬心・元気キープの本品セット

引用:http://dog-gan.com/?hc_uus=6e83b4dbef72a26c7334ddf8ed2ddb22

  • フード(1.1kg)☓2袋(2.2kg分)
  • オメガ3オイル:1ボトル(240cc)

※1セットは、体重5kgの犬の約1か月分です(必要量は個体差があります)。

価格

犬心・元気キープの価格は都度購入が7500円で、定期コースは7400円です。

定期コースはいつでも休止・再開が可能で、お届けサイクルも自由です。

送料

本品の送料は、関東・信越・中部・北陸・関西・中国・四国・九州200円。東北地方400円北海道・沖縄800円になります。

消費期限

消費期限は1年間(未開封時)です。開封後は1か月以内、長くとも2か月以内に使い切ってください。
開封後の保管は、高温多湿・直射日光を避けて常温(もしくは冷蔵)で保管します。

◆キャンセル時の連絡先

電話:0800-123-1556(土日祝日休み)
Eメール:info@kinoko-design.com

犬心・元気キープをおすすめする犬

もしも、愛犬ががん・腫瘍になってしまったり、病中病後で体力が落ちて元気がないときは、犬心・元気キープをお試しすることをおすすめします!

このブログの運営者であるわんこ母ちゃんが犬心・元気キープをおすすめするポイントを下記にまとめました。

  • 世界初の犬のがんに対応したナチュラル療法食で有効な成分が豊富。
  • 専門家チームが研究プロジェクトが10年以上をかけて開発したフード。
  • 難病と向き合う獣医師が監修。
  • 2015年の発売から継続しているわんこが7000頭を突破(2018年5月時点)。
  • 医薬品ではなく、ごはんでがん・腫瘍のケアができる。

がん・腫瘍の治療は、動物病院にお任せすることしかできませんが、ごはんでケアすることは飼い主さんにもできます。飼い主さんにしかできないのです。

大事な愛犬に少しでも長く、少しでも健やかに過ごしてほしいと願う飼い主さんへ、犬心・元気キープをお試めします!

公式ページをチェックする!

↓  ↓  ↓

まとめ

犬心・元気キープの成分は?

犬心・元気キープではがん・腫瘍の子が抱える下記の問題を解決する有効な原材料や成分を配合しています。

①免疫力の低下

免疫力の維持・向上のためβグルカン・LPSが配合されています。

②がん・腫瘍に栄養を奪われる

犬心・元気キープでは、がんや腫瘍が利用しにくい玄米と大麦を厳選して使用しています。

③犬自身のエネルギー不足

犬のエネルギー源となるDHA・EPA・αリノレン酸などのオメガ3脂肪酸を多く含む青魚を原材料に使っています。犬心・元気キープはドッグフードと特製オメガ3オイルがセットになっています。

④犬自身の活力ダウン

犬自身の元気と活力をキープできるよう、高タンパクで消化しやすい生牛肉・生鶏肉・生馬肉を使用し、臨床がんケア・アミノ酸の「アルギニン」を高配合しています。

犬心・元気キープの原材料

主な原材料は以下のものになります。

生牛肉・生鶏肉・生馬肉・植物油・魚粉・ココナッツ・大豆・ゴマ・とうもろこし・生魚・ホエイ・玄米・大麦・さつまいも・じゃがいも・海藻・花びらたけ・冬虫夏草・オリゴ糖・ビール酵母・乳酸菌群・LPS

犬心・元気キープの口コミと評判

SNSの投稿から食いつきが良いこと、ウンチの状態もよくなるなどの口コミ情報がありました。

また犬心・元気キープを監修した獣医師が院長を務めるクリニックへ寄せられたメッセージからは、がんにかかった犬が最期まで元気を維持できたことが伝えられました。

犬心・元気キープの無料お試しサンプルについて

犬心・元気キープの販売会社である株式会社マッシュルーム・デザイン・スタジオでは、購入を考えている飼い主さんへ、食いつきチェック用サンプル&花びらたけパウダーサンプルを送料無料でプレゼントしています。

単に試食したいというご要望にお応えするものではないのでご注意ください。

犬心・元気キープをおすすめする犬

がん・腫瘍の治療は、動物病院にお任せすることしかできませんが、ごはんでケアすることは飼い主さんにもできることです。というか、飼い主さんにしかできません。

大事な愛犬に少しでも長く、少しでも健やかに過ごしてほしいと願う飼い主さんへ、犬心・元気キープをお試めします!

公式ページ⇒犬心・元気キープ

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です